にんげんはかんがえる葭である

よしもとみおりのブログ

小学生の時、隣のクラスの担任にいじめられてた話

もう9月が終わる。一年が早すぎるよ!9月は色んなことがあってなかなかブログを書く時間が取れなかった。10月の目標は一日一回ツイッター更新です。ツイ廃だった昔の自分が読んだらびっくりしそうだな。 本当はブログのほうを毎日更新したいけど、なかな…

あるアクシデントとパニック、いくつかのメモ

あたらしいノートを買った。ノートを買うとふしぎと気持ちに区切りがつく。なんでもない日が、何かを新しく始める日になる。 * と、ここまで書いてショックなことが起こってしまった。気持ちがそちらのほうへ持っていかれる。ダメダメ、もっといつものわた…

9月の一週目を終えて①働き始めた

全ての用意を済ませてカフェへ出かける直前、ほんの一瞬、ソファの上に座ったら犬が来て膝の上で眠り始めてしまった。こうなると、とてもじゃないが出かけられない。えーん、犬は可愛い。そしてその可愛さは強い、わたしは弱い。いや、弱いのはわたしの「家…

はちがつのおわり

犬の散歩の途中、草むらから虫の大きく鳴く声がして、ああ八月も終わるのかと思った。秋の訪れを耳から知る。まだ風は生ぬるいけれど。そういう暮らし方をはじめてからもうすぐ一年になる。 演劇、演劇、一息つかずに演劇。そんな長いこと続けてきた生活をや…

朝からメールを返せると気分がいい

タイトルのままだ。はてなをブログっていうかツイッターの代わりにしはじめてから、なんか良いこと書かなきゃ!!!それらしいこと書かなきゃ!!!みたいな強迫感が無くなったので嬉しい。一時期ツイッターには2500人ぐらいのフォロワーがいて、それはさし…

自分のことを大切にしている他人が大嫌い

自分のことを大切にしている他人が大嫌い。って人が世の中に多すぎる。むかしはそうでもなかったのに、そういう人の毒気にあてられて、わたしもそういう人間になりつつある。そういう人はものすごい邪(じゃ)なパワーを持っているから、もう二度とその毒に…

なぜ書くのか

一日2時間だけ執筆する、と決めたら当社比ではかどるようになった。この2時間は連続した2時間でもいいし、1時間、1時間と別れていてもいい。とにかくその2時間だけは書くのだ。あとは好きなことをする。というか、書かない。書こうとしない。 なぜ書く…

起きることへのプレッシャーから夜眠れなかったわたしの話

とにかくねむい!ねむくない時間がほんの一瞬しかない。こうして文章を打ってる時も眠い。でも今はっぴーなのは、仕事のことを考えなければ、いつでも眠っていいことだ。 一生懸命東京で働いていたころ、夢の一つが「好きな時に眠れる人になること」だった。…

賢い犬

あ~だめ!犬の愛らしい誘惑に負けて寝てしまう!俺は外に出る!出たくないけど!という気持ちで用意していたら、その心が犬に伝わったのか、彼はいつものオットマンの上にのぼって眠り始めた。ほら、ちゃんといい子で寝てるでしょ、お姉ちゃんもおうちでお…

嫌いのちから

半月ぐらい、欲の無い生活を送っていた。入院したこともあって、生きてるだけで本当に人生って素晴らしいな、という気持ちでいっぱいになるようになった。心を占めていた人間関係のあれやこれやもスッと消えてしまって、ああそんなこともあったなあ、と無感…

よく寝る犬

犬の情緒が安定している。理由は簡単。母の仕事が夏休みになり、24時間家に2人以上の人がいるようになったからだ。子供と同じで、あっちにもこっちにも居場所がある、と思うと、犬は安定する。わたしとふたりっきりの時は、常に鳴いては「ぼくをかまって…

わたしはいったい誰なんだ

わたしはいったい誰なんだ、という思いが胸に去来している。別に記憶喪失とかではなくて。コロナが流行って以降、そして怒涛の7月を終えて以降、わたしの内面はすっかり変わってしまった。正確には、大事にしていたこと、情熱を注いでいたことがすっかり変…

マイブーム・ていねいなせいかつ

唾棄していた「ていねいなせいかつ」がマイブームである。たぶん結局のところ、唾棄するほどに、憧れていたのだろうと思う。お盆休みも重なって、家からほとんど出ずに、掃除をしたり、洗濯をしたり、料理をしたり、茶を淹れてみたり、誰にも見せない日記帳…

セルフケア入門

生活を立て直す、と決めてから、だいたい一週間。自炊も続いてるし、意味の無い(結果的には意味の無かった)カフェ時間も無くなった。家でする作業がはかどっているかと言われると「うーん」だが、カフェに行ってだけど何もできなくて焦燥感でいっぱいになっ…

はからずもサスティナブル

・持っている服のほとんどが人からのお下がりで、はからずもサスティナブルな生活を、こと服に対してだけはおこなえてきた数年だった。 ・今年は27歳になって、ちょっと趣味が変わった。年齢だけじゃなくて、コロナの影響で家にいることが多くなったりした…

8月の雑感

あんなに気にしていた人のことをいつのまにか考えなくなって、あ、今、ひさしぶりに考えてたって気がつく時がある。心の中に誰もいないことがとても嬉しい。こんな感覚、とてもひさしぶりだから。 * 今日は欲しかったものをほとんど買えた。 New balanceの…

推敲が何よりも大事

前回言っていた〆切を無事に守ったものの、できたものは惨憺たるものだった。提出してから一日半、病んで寝た。できることと言ったら弟が子どもの頃買ったらしい、我が家に数年あるが一度も読んでいなかった『ギャグマンガ日和』第15巻を読むことぐらいだ…

〆切前のあれやこれや

新しい締め切り嬉しい♡なんて二日前の態度を忘れたかの如く、締め切りに追われて泣いている。どうせ直しが入るのだ、ダメで元々なんだから、気にせず書けばいいんだよ、と自分に何度も言ってやるのだが、ヤダヤダと自分はぐずっている。単純に、眠いのだと思…

何を書こうかな

新しい締め切りができた。わくわくしながらカフェの机に向かう。字数制限は4万字以内。それ以外は何の縛りも無くて、文字数も少ない分には何字だってかまわないみたい。 何を書こうかな、どんな話にしようかな。 と、音楽を聴きながら考えている時間が、本…

フロントメモリー的日々

お元気ですか、わたしはめっちゃ元気です。元気です、ということを伝えたいのでひさしぶりにはてなにやってきました。 めちゃくちゃひさしぶりにSpotifyをDLして開けたら、最後にログインした2019年冬から、トラックが変わってなくて、タイムカプセルを開け…

ダイエット所感(筋トレと藤井サチちゃん)

俳優も稽古をするまでにウォーミングアップが必要だけど、文章も書くまでにウォーミングアップがいる。机に向かってから書き始めるまで、数日はかったら、だいたい3時間ぐらいだった。自分には3時間のウォーミングアップが必要だとわかったので、今日はい…

Twitterをやめた2週間の所感(あるいはSNSジプシー)

Twitter をやめてから2週間が経った。正直、「まだ2週間なの?!」という感じではある。もっともっと長い時が経ったような気がする。そのくせもう6月も半ばということには全然リアリティが感じられなくて、「え?!もう2週間も経ったの?!」と思ったり…

0429:18時

なんだかつらい、とってもつらい、つらいこともないのにつらい。という気持ちが続いていた、先週から今週にかけて。だから半日、Twitterを絶ったら少し元気になった。新聞は読んだ。母に見てほしいと言われていた韓流ドラマも見た。それから日記を書いて、買…

ラフ・スケッチのできる環境

書けない、と悩んでいたのが馬鹿みたいに書ける。無意味に書ける。こんな文章はスケッチと同じで、誰に見せるでもなくやればいいのだ。実際誰かに見られる機能がある場所に書いているとはいえ。これはらくがきだ。絵描きが「らくがき」と言って絵をあげるよ…

意志のある無題

ブログの更新は一日一回までって誰が決めた?その昔、偉大なる指原莉乃先生は一時間に一回更新していたんだぞ。(たしか何かの企画でそうだったはず) ということで、な~んにも考えずにキーボードを打ってると心の平穏が訪れることを知ったから、今また、は…

ずっとずっとこのままなの?

しばらくnoteに浮気をしていた。noteにはnoteの楽しさがある。それは自分の言葉を公に出すような楽しさだ。しかし、はてなのように「私個人」をさらけ出すような気軽さは無いように思う。ということではてなに帰ってきた。わたしは今、個人的な話をしたい。 …

こんな時だから恋と愛の話をしよう

文章を書いている。完成への道のりは遠い。いつも字数にしてみればそうたいしたことない分量を書いているので、え!そんなに時間がかかるの?と思われてしまいそうだけど、短いものには短いもののむつかしさがあるのだ。短歌とか、和歌とか、ラップとか、急…

Love is Bird.

泣いた後みたいに目と鼻が乾燥している。泣いてはいない。 今日はAMの担当の大川さんと電話をした。いろいろな話をしたけれど(いろいろな話を聞いてもらえたけれど)、最後にお互いを励ますような話ができた。とても嬉しい時間だった。 今、この世界に物語…

舞台芸術の対価に金銭を払えない時代に(きわめてこじんてきなにっき)

誰かに連絡をしたい、でも連絡する勇気が無い。 一人で過ごしていると世界のアップデートの場がツイッターぐらいしかない。 東京で過ごしているときは世界のアップデートは毎日あった。オフラインのアップデートはもちろん、オンラインのアップデートが実際…

そこそこつらいスランプについて

よーし頑張るぞと机の前に座って一字も思いつかない。ということが半月続ている。つらくてしかたがない。わたしはいつでも書き上げると、書いている最中のことを忘れてしまう。以前の文章をわたしはいったいどのように書いていたんだっけ? 自分自身に過度に…